事故を起こすとカードは7年停止する

カード会社に事故記録ありのブラックとして登録されてしまう悲惨な期間はどれくらいなのでしょうか。 その基準ははっきりしておらず、キャッシングで滞納した額や期間、契約年数や月平均の使用額によっても変わってくるようではっきりとした答えがありません。 僅か1,000円の支払いをするのを不注意で忘れてしまって、長く自分のクレジットカードが使えなくなってしまう悲惨な事も結構あるようです。 一般的には3年や5年、7年などと経験者の噂では言われていますが、判定の基準が明確に世間に公表されていることはありません。


無職ブラックキャッシングとネット検索して辿り着く結果を解説

事故歴は第三者でも許可があれば閲覧できる

クレジットカードで事故記録に登録されてしまうと、第3者でも見れる機関(CIC、CCB等)に否が応でも自動的に異動と載ってしまいます。 こうなることで、他社での少額の融資をうけることも難しくなり、ましてやネット銀行の住宅ローンや車のキャッシングのローンでの書類審査などで決定的な不利になります。 この期間は支払いを行わなかったトータルの額や、申し込む金額によって変わり、新規の契約も通過が難しくなってしまいます。 また銀行と提携している消費者金融で返済で不慮の事故を起こすと、CICに5年や7年も連続して自動的にブラック登録されてしまう事もあるようなのです。

クレジットカード

闇金

ブラックOK

前払い式のデビットカードなら16歳以上で誰でも持てる

では金融事故を過去に複数回起こした人が、年数が経過しないとクレジットカードを即日で持つことが出来ないかというと知られてない秘密の対策が1つだけ存在します。 東海地方の静岡県のスルガ銀行などで取扱いしているデビットと呼ばれる一押しの目玉商品で、予め該当口座をお持ちで預金残高の範囲でしか利用できない限定的なシステムです。 最近では大手のジャパンネット銀行でも新システムのワンタイムデビットという名前のが審査に不安な人向けに店頭で売り出していて、一定期間内の番号使い捨てプリペイドのサービスになってます。 このキャッシングのシステムならブラック解除の5年の期間を無駄に待たずしてネットで当日お買いものをすることも可能になります。 利用する旨みとしては、決済金額が計上されるまで平均で1ヶ月ほどの遅れのタイムラグがあるようなので、それまでに工面してお金を口座に入金しておけば問題ないので数日間は資金繰りとして時間稼ぎになり得をします。


キャッシングでブラックOKな会社|平成29年


このページの先頭へ